Shamrock Drea 

 

E&M GALLERY NISIAZABU  2011

Ireland   1998 

旅をする。妄想に耽る。写真を撮る。

自分が自由でいることを確認する方法は、旅で妄想し写真を撮ることだ。

 

アイルランドを初めて訪れたのは1986年。

自分の本質を知るきっかけとなった写真を撮影した場所だ。

12年後、記憶の一部となっていたこの国をもう一度訪れた。

ある意味、二度目の自分探しの旅だった。

ケルトの文化を随所に感じさせ、妖精と共に緩やかに営まれる人々の生活。

若いときに味わった、訪れる者を優しく受け入れてくれる印象は変わらない。

石の文化を軸にしたケルトからは、時間と空間がより普遍的な歴史を感じることができた。

 

※Shamrockとはアイルランドのシンボルとしての三つ葉の植物。